動脈硬化には、イソフラボンが効果的となるのです。動脈硬化の原因と考えられるコレステロールのバランスを整える作用があるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似ており、血液をきれいにする成分を持つフラボノイドの一種でありす。イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれ、代表的な食材としては、豆乳や豆腐、納豆やきな粉、味噌などが挙げられるのです。イソフラボンは適量とされる一日40〜50rを摂取することで、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし、さらにコレステロールの酸化を防いでくれるため、動脈硬化の予防には欠かせない栄養素と言われていますね。実際に、イソフラボンを含む食事を日頃の食生活に多く取りいれている日本人は、イソフラボンの摂取量の少ない欧米人と比較すると、動脈硬化の発生率が低いと言った統計結果がでていますよね。動脈硬化はイソフラボンの他にも、青魚やきのこ、海藻類に含まれるエイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸、ダイエタリーファイバーなどが効果的といわれているのです。これらの栄養素を含む食材とイソフラボンと一緒に摂取すると、より一層、動脈硬化の予防に効果的なのです。動脈硬化になってしまうと、命にかかわる症状が発症する可能性が高いでしょう。動脈硬化が気になる人は、イソフラボンという栄養素に注目しみると良いでしょう。そして、動脈硬化の促進を防止する為にも、イソフラボンを摂取出来る食事メニューを考え、積極的に摂取すると良いでしょうー